葉酸の摂取は妊娠前から必要です

妊娠

葉酸と言えば妊婦に必要な栄養素、というイメージが強いでしょう。
葉酸は、ビタミンB群の一種です。水溶性ビタミンなので、摂取量に特に上限はありません。

葉酸は、DNAやRNAの核酸の合成、赤血球の合成といった血液と関係が深い働きをするため、不足すると、悪性貧血や顔色が悪くなるといった症状が現れます。
特に妊娠初期の胎児は細胞分裂が盛んな時期であるため、この時期に葉酸が不足すると、胎児に神経管閉鎖障害のリスクが高まると言われています。

葉酸は、レバーや緑黄色野菜に多く含まれていますが、レバーには脂溶性ビタミンであるビタミンAも多く含まれており、レバーの多量摂取はあまり好ましくありません。
が、野菜の栄養素は減少傾向にあり、食事だけでは必要な摂取量に満たないのが現状です。

そのため、葉酸の摂取が大事である妊娠中は、サプリで葉酸を補うことが勧められています。
でも、妊娠に気づく頃にはすでに妊娠初期に突入しているというケースは多くあります。

そのため、妊娠前、妊活をしているうちから葉酸のサプリを摂取することが望ましいと言われています。
産まれてくる我が子が元気で健康であることを願って、妊娠前から準備をしていきたいものですね。

http://ninkatsu.jp.net/yousan-supple/biteki-nubo.html